07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

生きるとは考えることである 


Byキケロ


いつもタイトルと全く関係ない馬鹿なことばかり書いているわけですが
今日は思考を変えて
哲学っぽいことを語ってみよー
って、
ことで
語ってます。

苦手な人は即時撤退してください。


最初に言っておこう。

俺、友達いないよ

はい、

何言ってんだー

確かに、
学校では一人で本を読んでるよ?
情報の授業中、ひとりで『たらちゃんがデスノートを拾ったようです』を見てたよ?
隣の人が俺のパソコン見て爆笑してたよ?

つか

違う!!
言いたいのはそこじゃないんだ!!!!



まぁ
聞いてくれ。

正直……

俺が思う限り……

って無価値だよねぇ~


だって、平等に存在してるんだもん。
消耗品に過ぎないんだよ

じゃあ、
なぜ
やたらめったに
人間どもは死ぬな死ぬな三分間待ってやるいうのか。

たぶん、

真に価値があるのは

さ。

あ、
違った。
俺はそんな某少年ガンガンの漫画みたいなことはいわないよ?


たぶん
俺らが歩む
人生に価値があるんだ

価値がある、ということは
まぁ
格差はあるだろうな

まぁ
それは

ニートの方は会社の採用通知を無価値に感じるように
人それぞれ、価値の基準は違うんだろう

百歳まで生きても、無価値な人生はあるだろう
生まれる前に死んでも、有意義な命はあるだろう。

ま、


俺が何を言いたいのかというと
どう生きるかなんて人それぞれじゃね?
っということ

たとえ、
寿命があと一年とかでも
俺はこの人生に後悔はしない。


実際になったら慌てふためきそうだけど……

なんか……
随分失礼な記事になってしまった……。
お詫び申し上げます。

以上

[edit]

« どんな死に方をするのも、君は自由なんだからね  |  見ろぉ、人がゴミのようだぁ! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://happy031.blog16.fc2.com/tb.php/89-72519d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。